訪問販売教材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険営業の契約のタイミングで悩んでいます。

営業生活20年です。
現在では、営業の現役を離れ営業の職に就いている方に
販売確率アップのお手伝いをしています。

新人、中堅、管理職でも、それぞれのポジションで
成長するために様々な悩みや問題というハードルが付きまといます。


自力でクリアーするのが、望ましいですが
ちょっと考え方を違う角度からみてみても
良いと思います。


それは、先人に聞いてみることや一時の教えを請うことで
「気づき」という自分の殻を破るきっかけになることが
往々としてあるからです。


私の場合、若いときにストイックなまでに、自分の殻に固執し
彷徨った時期がありましたので、そうはなってほしくないから
そんな時間は勿体無いので、はっきりと言いますね。


ハマっているときには、謙虚になって見直してみることを
おすすめします。

こういう方法をブレインダンプとも言ったりしています。
自分の頭の中身の情報整理をしてみると、盲点が見つかったりします。

私はこの方法を取り入れ、営業会議でホワイトボードで即興で
約40名のブレインダンプをしました。

ブレインダンプのコツは、「テーマを絞りきる」ことです。
そして、脳みその中を全て出し切る。

テーマが大きすぎると、出し切れませんので意味がなくなってしまいます。



企画力、提案力、プレゼン力をに引き出す「MindManager」はこちらをクリック



今回も、ハマってしまっている方の状況を
お教えします。

私宛にきている質問です。


==========================ここから==============================
1番最初の郵便局は転勤後12年経っ
ていてお客様も思っていた以上に高齢化、また、忘れられているところが多い。

2番目の郵便局は転勤後6年ほどでお得意さんだった家はまだ覚えてくれていたが、
民間の保険に変ったと解かると相手にされなかったりまったく話を聞いていただけない。

こまめに訪問しなければ仕方が無い、と思うもののどのようにして
こちらに目をむけていただけるようにするかに悩んでいます。


年末に訪問した家はそこの郵便局に勤務していた時には
たくさんの新規契約をいただいたお得意様だったのですが、
”2日前に満期をもらったがもう貯金した。
今度満期の時に息子の保険を加入させてもらう”と言っていただいて楽しみにして年明けにも挨拶に訪問。


しかし、先日再訪すると
”もう簡易保険に入った。満期になった”とのことでした。

よく話を聞き書類などを見せていただくと、まだ満期の手続きをしただけで加入されていなかったので
こちらのプランを作って再訪。

息子さんがおられたので簡易保険と比べてどこから見ても
こちらの商品のほうが上なのも納得していただいたのですが
”先に聞いていたらこちらにしたけれどももう向こうに入ると云っているし、
向こうの人も知っている人なので悪いから”と断られ”
口先だけで相手にされていなかったのか”と情けないやら悔しい思いをしました。


簡保も民間になったと頭では解かっていても田舎のお客様はまだ国営のように思っておられます。
もう一度一から人間関係を作り直さなければ、と思っていますが、
相手の拒否反応やこちらの話に興味を持っていただく方法に悩んでいます。
==========================ここまで==============================

自分の殻を破る方法をレポートにしましたので、
下記からご覧いただけます。

いつまで公開するか決めてませんが、いつまでも公開しておくつもりは
ありませんので、お早めにお読み下さい。


私が書き下ろした営業マニュアルはこちらをクリック


ブログランキングはこちらをクリック






ペタしてね
スポンサーサイト

外壁のリフォーム営業の悩み|解消法

営業生活20年です。
現在では、営業の現役を離れ営業の職に就いている方に
販売確率アップのお手伝いをしています。

新人、中堅、管理職でも、それぞれのポジションで
成長するために様々な悩みや問題というハードルが付きまといます。


自力でクリアーするのが、望ましいですが
ちょっと考え方を違う角度からみてみても
良いと思います。


それは、先人に聞いてみることや一時の教えを請うことで
「気づき」という自分の殻を破るきっかけになることが
往々としてあるからです。


私の場合、若いときにストイックなまでに、自分の殻に固執し
彷徨った時期がありましたので、そうはなってほしくないから
そんな時間は勿体無いので、はっきりと言いますね。




ハマっているときには、謙虚になって見直してみることを
おすすめします。




今回も、ハマってしまっている方の状況を
お教えします。

私宛にきている質問です。


==========================ここから==============================
外壁のリフォームの会社に勤務しています。

主人の話によりますと、
まず、インターフォンで終わってしまうことがほとんどで、
アポイントすら取れないのです。

口下手なところもあるかもしれませんが、
御子柴様と同じ歳で、息子も一人います。

すがる思いでこちらを購入させていただきました。


主人はやさしい穏やかな感じなので、
かえって断られやすいと上司に言われましたが、
それでも実績を出すことは出来るのでしょうか?


とてもまじめで努力家なので、
なんとかこの機会に成果が出てくればと思います。

==========================ここまで==============================


現在、自分の殻を破る方法をレポートにしましたので、
下記からご覧いただけます。

いつまで公開するか決めてませんが、いつまでも公開しておくつもりは
ありませんので、お早めにお読み下さい。


私が書き下ろした営業マニュアルはこちらをクリック


ブログランキングはこちらからをクリック







ペタしてね

営業でお客様に断られない方法があります。

そうそう、営業でお客様に断られない方法があります。

断り文句を切り返せ


断られない方法を近いうちにメールでお伝えしますね。
登録がまだの方は、下記を今すぐクリックして登録してくださいね。

訪問販売の営業から学ぶ|売れる営業マン養成プログラム


テクニックを探すならここ。

■プラス思考の落とし穴

何故、ある人はプラス思考で成功するのに、
ある人はいくらプラス思考で考えても成功しないのでしょうか?


よく成功の秘訣はプラス思考で物事を考えると言われます。
しかし現実にはプラス思考で考えてみても
そう簡単に成功しないことがほとんどだったりします。

訪問・セールス販売の極意



なぜでしょうか?


それは頭では一時的にプラス思考になったとしても
面倒くさい、後回しにしようといった本来の素の自分が
心の奥底に住んでいるからです。


そして、この戦いはだいたいの場合
プラス思考の敗北に終ってしまいます。


メンタルアップのセミナーに行ったり、本を読んだ後は
プラス思考が優勢ですが、徐々に素の自分が勢いを取り戻してしまいます。


つまりモチベーションや感情に左右されているということ。
そして人間である以上、絶対にマイナスに捕らわれることがあるからです。


感情に左右されている限り、
一旦マイナスのトンネルに突入してしまうと
不安になって
「自分はどうせできないんだ」
と自分の能力のせいにしたり、
うまくいかないのを他人のせいにしたりしてしまう。


「思考は現実化する」とはよく言ったもので
こういうマイナスの思考に入ってしまうと当然マイナスの行動が起こり
マイナスの結果が生まれてしまうんです。


プラス思考と言っても結局は感情に振り回されてるだけなんですね。


ではモチベーションに左右されずに確実に行動を起こすには
どうすればいいでしょうか?


これは誰しもが持っている「あるもの」を使うことで
モチベーションに頼ることなく
あなたの行動に一大変化を起こすことができるようになるのです。


その「あるもの」とは?
続きはこちらをクリックしてください。


今なら無料でこの秘密を公開した小冊子をゲットできるようです。

3000部限定での配布なので
将来、少しでも人生を成功させたいと思っている方は
いますぐこちらをクリックしてください。


■何故、プラス思考は結果が出ないのか?

今から約10年前、私は高額な自己啓発プログラムに投資をしました。


そして、そこに書いてる通り、目標を設定しプラス思考で毎日を過ごすことにしました。


5年後、私は会社をつくることになりましたが、事業の方はまったく上手くいかず、
来月の家賃が払えるかどうかで、毎晩、頭がいっぱいでした。

自己啓発




私がどんなにプラス思考でいても、状況はとてもプラスとは思えるようにはなりませんでした。
その時いた、たくさんの友達も同じような状況でした。


みな、前向きでプラス思考だったにもかかわらず、
状況は決して良くはならなかったのです。


プラス思考はウソなのか?


こんな風に考える事もありました。

何故なら自分の周りはみんなプラス思考だったにも関わらず、
みんな成功していなかったからです。


何故、プラス思考が効果がでなかったのか?


それには理由があります。


プラス思考という考えはとても素晴らしものですが、
一方で、とても誤解されているものでもあります。


ほとんどの人は、“プラス思考”と言う時に、何か明るい未来の事を考えます。
そして、それを考えただけで、(あるいは考えていれば)
その未来がやってくると思っています。


当然ながらそのような事はあり得ません。


プラスの未来を考えたら、プラスの未来になるように
今現在の行動を変える必要があるのです。


そして、今現在の行動を変えるには、今の自分を変える事が必要です。


ほとんどのプラス思考信者は、さまざまな自己啓発本や高額なセミナーに
参加してプラスに“考える”だけで、“行動する”ことがありません。


そして、いくらプラスに考えても、プラスな未来はやってこないので、
現状とのギャップに悩むようになる場合もあります。


自分を変えずにプラス思考だけを続けていれば、
未来はきっと明るくなると、
盲目的に信じてしまうのはある意味、危険でもあります。


プラス思考の前にまず私たちは現在の自分を変えなければいけないのです。


現在、私はプラス思考を続けています。
ただし、5年10年前の当時のプラス思考と同じではありません。

プラス思考とプラス行動によって自分の未来を作っています。


-----------------------------------------------
BY小川忠洋
無料レポート『あの人は何故いつも成功するのか?』では、
Drモルツが発見した心理学上最大の発見を公開している。
ダウンロードはこちら>> をクリック
----------------------------------------------

今、人気のブログはここ
スポンサードリンク
  • ★好評配信中★トップセールスマンの習慣と行動とは
  • 氏名
    姓: 名:
    E-Mail ※
    Copyright (C) 訪問販売の営業から学ぶ|売れる営業マン養成プログラム. All Rights Reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。